よきビジネスパートナーとして共存共栄をめざして

アイシングループは、生産活動において、さまざまな部品や原材料などを世界各国の多数の仕入先様から供給いただいています。仕入先様とのお取引にあたっては、グループ連携を高めながら、よきビジネスパートナーとして共存共栄することを基本理念に、仕入先様との信頼関係の構築に取り組んでいきます。

グローバル調達方針

仕入先様とともに

1. CSR調達
CSRの取り組み強化
2. 安定調達
リスクに強いサプライチェーンの構築
3. 競争力
グループ・グローバルで勝ち残る部品・資材競争力の強化
グローバル調達方針説明会
グローバル調達方針説明会

CSRの取り組みを強化

アイシングループでは、1次仕入先様はもちろんのこと、可能な限りサプライチェーンをさかのぼったCSR調達活動を、仕入先様と一緒になって推進しています。

仕入先様に対しては、オープンでフェアな精神を念頭に置いたうえで、独占禁止法の遵守、贈収賄禁止の取り組みなどに関するCSR条項を強化した取引基本契約書を取り交わして、公正な調達活動を推進しています。適正取引に加え、安全、環境、品質についても、グループが連携して開催した仕入先様向け説明会などを通じて、仕入先様とともにサプライチェーン全体で取り組んでいます。

なお、アイシングループでは企業行動倫理相談窓口を設けて、仕入先様からの相談・困り事などを受け付けています。

リスクに強いサプライチェーンの構築

アイシン精機では、有事の際に迅速な対応ができることをめざし、仕入先様から購入している部品・原材料などに関するデータを地図情報や災害情報と連動させたリスク管理システムを構築・運用しています。このシステムは365日、24時間稼動し、大規模な自然災害が発生した場合には、その地域にある仕入先様や生産品に関するデータを瞬時に把握できるので、柔軟かつ迅速に対策検討に入ることができます。現在、国内グループ各社や北米、中国、豪亜などへの導入を進めています。2016年度からは、このシステムを用いて、大規模な災害だけでなく、仕入先様で事故などが発生した際にも継続して生産・供給ができるような対策を検討しています。

なお、仕入先各社様におけるBCP(事業継続計画)策定サポートの取り組みは完了しておりますが、今後もBCP講習会や研鑽会などの機会を設け、仕入先様と一緒になって減災対策の強化に取り組んでいきます。

適正取引推進説明会
適正取引推進説明会

紛争鉱物への対応

紛争鉱物の使用について、アメリカ株式市場に上場している当社のお客様である自動車メーカー様は、米国の証券取引委員会(SEC)へ報告することが義務付けられています。アイシングループでは、2016年度も、お客様が安心して商品をお使いいただけるよう、取引先や業界団体と協力のうえ、商品に使用される鉱物の来歴の確認と紛争鉱物の不使用に向けた調査を実施し、お客様にその結果を回答しました。