第6次アイシン連結環境取組プランを策定

持続可能な社会の実現に向けグローバル企業として責務を果たす、グループの総力をあげて実現をめざす

アイシングループ※は、2050年に向けて、製品の製造から使用、廃棄までのライフサイクルで「CO2ゼロ」をめざすことこそ「地球環境と人類が調和した持続可能な社会を実現すること」と考え、グループの総力を結集し活動を進化させていきます。

この想いを具現化するため、2016年度から2020年度までの環境行動の指針・計画である第6次アイシン連結環境取組プランを策定しました。

第6次アイシン連結環境取組プランでは、第5次プランで設定した4つの環境軸を基軸にマネジメント・コミュニケーションの各分野で重点となる取り組み項目と具体的な実施事項・目標を策定し、総合的なマネジメントをエボリューション(進化)させ、推進します。

各環境軸での重点取組項目

環境軸 重点取組項目
低炭素社会の構築 ライフサイクルでのCO2「ゼロ」を目指した進化
・CO2大幅削減への新機能部品の開発推進と拡大
・クリーンエネルギー工場の確立と展開への着手
循環型社会の構築 環境負荷「ゼロ」を目指した進化
廃棄物低減対策に加え、新たに
・水資源の有効利用とリサイクルの徹底
自然共生社会の構築 自然との調和を目指した進化
・生物多様性を保全する地域プログラムの実施
基盤活動 マネジメント・コミュニケーションのグローバル展開を目指した進化
グローバル連結環境マネジメントシステム(EMS)評価体制の 構築と運用

を掲げ、自ら作り上げた技術やノウハウを社会へ発信することで、今後の世界の環境活動に貢献したいと考えています。

*ライフサイクル:「自動車部品などの製品の製造から使用、廃棄までのすべての工程」

**当取組プランは、日本国内にとどまらず、グローバル181社(2015年3月末時点)に、地域別環境委員会を通じて展開・推進します。

※アイシングループ12社(以下参照)
アイシン精機株式会社、アイシン高丘株式会社、アイシン化工株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、アイシン軽金属株式会社、アイシン開発株式会社、アイシン機工株式会社、アイシン・エーアイ株式会社、アイシン辰栄株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社、豊生ブレーキ工業株式会社、株式会社アドヴィックス

「第6次アイシン連結環境取組プラン」シンボル概念図

第6次アイシン連結環境取組プラン

第6次アイシン連結環境取組プランについてはこちらをご覧ください