コミュニティへの参画とコミュニティの発展

社会貢献活動の基本

世界各国・各地域の皆様の信頼と期待に応え、地域社会に貢献したい。
それが「Be With(共に生きる)」に込めたアイシングループの社会貢献活動に向けた決意です。

地域社会とともに、「Be With(共に生きる)」

アイシングループは、経営理念において「社会・自然との共生」を掲げ、「アイシングループ企業行動憲章」では「私たちは、世界各国・各地域の文化や慣習を尊重するとともに、地域に密着した企業市民活動に積極的に取り組みます」と明言。AISIN Group VISION 2020の実現に向けて、アイシングループ一体となった地域密着型の社会貢献活動展開をめざします。

アイシングループではこれらの考え方を基本に、それぞれの国や地域に密着した社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。活動にあたっては、参加する従業員が自ら進んで取り組み、地域の皆様と同じ目線で共に運営し実行することが大切だと考えています。

私たちの活動の合い言葉は「Be With(共に生きる)」。グローバルに事業を展開する企業として、地域社会の皆様と「共に」、社会的な責任を果たしていきたいと考えています。

社会貢献活動の3本の柱

アイシングループは、「自然・環境保護」「青少年育成」「まちづくり」を3本柱として、地域に密着した社会貢献活動を展開しています。

2015年度は、世界各地のグループ会社の現状を調査。その結果を、今後の活動の持続とレベルアップに活かしていきます。

社会貢献活動の3本柱の概念図
社会貢献活動の3本柱の概念図