かけがえのないグローバルパートナーをめざして

アイシングループは経営理念のもと、企業の社会的責任(以下CSR)を果たしていくための行動規範「アイシングループ企業行動憲章」(2010年1月制定)と、時代と世代、地域を超えてグループで共有すべき価値観、行動原則を表した「アイシンウェイ」(2007年4月制定)を基本とした企業活動を展開しています。また、「AISIN Group VISION 2020 」(2012年4月策定)ではめざす姿として「CSRで世界の模範となるグループ」を掲げるとともに、重点課題として「グローバルでのCSRの展開」を掲げ、具体的なアクションプランを定め、実践・推進しています。

CSRを重視した経営をさらに推進するために、「AISIN GROUP REPORT 2017」では、企業を含む組織の社会的責任に関する国際規格、ISO26000の7つの中核主題を参考とした報告様式を取り入れています。