ENE・FARM type S

エネファーム type S でエコでおトクな暮らしをはじめませんか

エネファーム type S
エネファーム type S は、都市ガスを燃料に自宅で発電するシステムです。しかも、発電時に出る熱を利用してお湯も一緒につくる省エネシステムです。
世界最高水準発電効率 52% ※1 を実現
■エネファーム type S の主な特徴

(1) エネルギーの有効利用
(2) 光熱費がおトク
(3) 世界最小サイズ ※3
(4) 知りたい情報が一目瞭然
(5) 停電でも安心
 (自立運転機能付モデルに限ります。)





※1 100%出力時 低位発熱量基準。
(家庭用燃料電池コージェネレーションシステムにおいて2016年1月現在、当社調べ)
※2 給湯暖房機は、株式会社ノーリツ製の指定機種。
※3 家庭用固体酸化物形燃料電池コージェネレーションシステムで世界最小サイズ(給湯暖房機含む)。(2016年1月当社調べ)



エネルギーの有効利用

■エネルギーの利用効率
エネファーム type S は、自宅で発電し、発生した熱も有効に利用します。




■運転パターン ※1
エネファーム type S は、家庭の電力需要に合わせて自動的に50W~700W ※2 の範囲で発電します。


※1 図はイメージ図です。
※2 家庭の電力需要が85W未満のときは発電出力は0Wとなります。
※3 ガスマイコンメーターの安全機能確認のため、約26日ごとに1日(24時間)燃料電池ユニットは停止します。(停止後は自動で運転を再開します。)

光熱費がおトク

エネファーム type S は、購入電力量を削減し、光熱費がおトクになります。※1


※1 電気、給湯、暖房の使用状況により異なります。
※2 従来の給湯暖房機との比較。当社実証データに基づいて試算。

世界最小サイズ

エネファーム type S は、貯湯タンクを内蔵することで、従来モデルに比べてコンパクトなサイズにしました。
これにより、狭いスペースでの設置やフレキシブルな設置が可能になります。

※家庭用固体酸化物形燃料電池コージェネレーションシステムで世界最小のサイズ(給湯暖房機含む)。(2016年1月当社調べ)


知りたい情報が一目瞭然

電気使用量や発電状況がわかりやすく表示され、タッチパネル採用で操作しやすくなりました。


停電でも安心

エネファーム type S は24時間連続運転のため、停電になると自動で自立専用コンセントに最大700wを供給し、給湯も使用することができます。(自立運転機能付モデルに限ります。)

以下の場合は自立運転機能ははたらきません。
・停電発生時に燃料電池ユニットが発電を停止している時
・停電発生時に災害等でガスの供給が停止している時

仕 様

定期交換部品不要

燃料電池ユニットは、定期交換部品が10年間不要となりました。

 
FCCS07B1NJ(自立運転機能付)
FCCS07B1N(標準モデル)
 定格発電出力(出力範囲)
700W(50~700W)
 発電効率 / 総合効率
52% / 87% ※1
 貯湯タンク容量
28L
 最大ガス消費量
1.35kW ±10%
 接続電力
200V 単相3線式(50/60Hz)
 外形寸法
H1195mm × W780mm × D330mm(突起部含まず)
 質量
106kg(乾燥質量)
100kg(乾燥質量)
 騒音値(定格運転時)
37dB(A)ラジエータ停止時 / 39dB(A)ラジエータ動作時 ※2
 設置環境温度
-10~43℃

※1 低位発熱量基準による。
※2 JISC8824 試験方法による無響室におけるメーカー測定値です。運転音は設置環境によっては周囲の騒音や反射を受け変化します。

外形寸法図

オプション