menu

アイシン精機株式会社 AISIN × Diversity

すべての会社活動の原動力は、人の力です。
アイシン精機が、これからも持続的に成長を続けていくためには、従業員一人ひとりの成長やチャレンジが欠かせません。「夢を持ち、好きなことをやって、いい明日をつくろう」というアイシン精機のスローガンは、誰もがアイシンで働く喜びと成長を実感でき、また新たなチャレンジに踏み出してほしいという想いが込められています。性別、国籍、勤続年数、心身状態など、人それぞれの属性にかかわらず、誰もが自らの考える豊かさを実現するための環境をつくること。そして、永く働きつづけられることはもちろん、一人ひとりの個性が社会の求める価値とリンクし、最大限の活躍ができるようなサポートを行える環境をつくること。それが、アイシン精機の考えるダイバーシティです。

message

取締役社長 伊勢 清貴

ダイバーシティ&インクルージョンは、
変化の時代を生き抜くための重要戦略

アイシングループでは、世界中のすべての社員が元気に働くことができる職場風土の実現をめざしております。「元気で持続的に成長できる会社」として歩み続けるためには、従来の延長ではなく、イノベーションを絶えず起こし、お客様に喜んでいただける新しい価値の提供ができる競争力をつける必要があり、ダイバーシティ&インクルージョンは、そのために不可欠な経営戦略であると捉えています。

「一人ひとりを大切に」ダイバーシティの取り組みを実施

「一人ひとりを大切にする」これはアイシンが大切にする価値観の一つです。ダイバーシティにおいても、アイシン精機で働くすべての社員が活躍し、能力発揮できるよう、「一人ひとりを大切に」することを基本に取り組んでおります。
女性活躍推進においては、「より活躍できる風土」づくりをめざし、女性の生の声を吸い上げ、女性自身のキャリアアップに向けた施策や上司の意識改革を推進しています。障がい者については、雇用促進だけでなく、監督者を対象としたコミュニケーション教育や、各職場への生活相談員を配置し、採用から定着まで、障がい者本人と職場の双方への支援体制の整備を行っています。またシニア人材には、工具の軽量化など現場作業がしやすい環境づくりや、技能を教えて伝える、技能伝承の場を設けるなど、今まで培ってきたスキルを活かす取組みを推進しています。外国人については、国籍に関係なく積極的な採用を進めており、特に長年にわたり、外国籍技能員の正社員登用にも取り組んできました。
さらに、今後はLGBTなどの性的マイノリティに関しても、積極的に環境整備を進めてまいります。

「ダイバーシティ」
未来へのチャレンジに向けた私たちのキーワード

経験や経歴、得意分野、発想、仕事に対する考え方、価値観、ライフステージなどは人それぞれ。違いがあるからこそ、それらの力が集まると、可能性は未知数であり無限大です。
次の時代を切り拓くのも、社員一人ひとりの挑戦。多様な価値観を受け入れる風土を整え、社員一人ひとりが意欲的にチャレンジでき、また充実した人生を送ることができるように、ダイバーシティマネジメントに積極的に取り組んでまいります。