AISIN GROUP
AISIN VIEW

バーチャルカンパニープレジデント座談会

VC制での具体的な取り組み

伊原 次に、各事業VCとグループ本社での具体的な取り組みを教えてください。

パワートレインVC

尾﨑 アイシン精機、アイシン・エィ・ダブリュ、アイシン・エーアイが持つ海外拠点を有効に活用し効率的な生産体制を構築する必要があります。例えば、現在マニュアルトランスミッション事業を持つアイシン・エーアイの海外生産工場の人材や設備を活用してオートマチックトランスミッション事業を行うなど、パワートレインVC全体で検討しています。

また、電動化に向けては、まずオートマチックトランスミッションからハイブリッドへの切り替え需要への対応として、現在欧州で需要が増えている1モーターハイブリッドトランスミッションを開発しています。これは既存のオートマチックトランスミッションにモーターを組み合わせたもので、現在の設備が利用可能です。さらに生産工程も工夫して部品が変わっても同じ設備を使える方法を模索していきます。

EV・FCVに向けては、ハイブリッドトランスミッションで培った知見を活かし、モーターやインバーターの開発を進めています。これらの開発については、これまでアイシン精機やアイシン・エィ・ダブリュでそれぞれ進めてきたのですが、一昨年から開発リソーセスをアイシン・エィ・ダブリュへ集結し体制を強化しています。

アイシン精機取締役社長 伊原 保守
アイシン精機取締役社長 伊原 保守

伊原 今までは、アイシン・エィ・ダブリュだけで考えていたものを、パワートレインVC全体で考えていくということですか。

尾﨑 そうです。選択肢の幅が広がったということです。中長期で見れば電動化をはじめクルマが変わっていくなかで、パワートレインも変わっていく。それに対してどんな将来像を描くのかが、一つの大きなテーマです。

伊原 開発や生産以外、営業などの機能でも連携の動きはありますか。

尾﨑 まだ動き始めたばかりですが、アイシングループの製品を使ってもらうためにはどんな提案が必要なのか。そこを各社の営業には考えてもらっています。そして、パワートレイン単体ではなくシステム目線で、エンジンからミッションまで、パワートレイン全体でいいものを、という提案の模索を始めています。

事業VCの概要(グループ会社・商品など)

走行安全VC

伊原 走行安全VCでは、ブレーキだけではなく、周辺の「走る・曲がる・止まる」に関わる全体を司ることになるわけですが、具体的にはどのように取り組んでいますか。

小木曽 VC各社の情報や課題、環境について情報共有し、総力でやるべきことの見定めをしている状況です。あわせて、本当に価値のあるもの、世界で勝てる新しいものを出そうという方針を打ち立てました。それをベースに、具体的な検討段階に移っています。

伊原 新しいもので、かつ世界に勝てるものを生み出すというと、例えばどのようなものだと考えますか。

小木曽 3つの領域において取り組みを開始しています。1つ目は自動運転と予防安全。これは非常に重要な領域ですので、しっかりとやっていく。具体的には、アイシン精機を中心に進めている自動バレー駐車の技術と、アドヴィックスを中心に進めている車両運動統合制御を事業VC内で連携を取り、将来的に世に出して役に立つものにするにはどうすればいいのかを議論しています。2つ目は、アイシン精機にあるシャシー制御の領域です。これはブレーキとつなぐことで、いろいろな可能性があります。例えば、今まではサスペンションの制御とブレーキの制御は別々で検討し、自動車メーカーですり合わせをしてつくり上げてきました。しかし、それでは効率が悪いし、新しい提案もできませんので、サスペンションとブレーキのシステムを同時に検討して、よりよいパッケージが提案できないかという取り組みを行っています。3つ目はブレーキの領域です。これは従来アドヴィックスが担当してきましたが、ディスクブレーキもドラムブレーキも電動パーキング化によってシステム開発が必要となってきています。また、制御ブレーキも高性能で低コストなものが求められます。アイシングループはアクチュエーターと電子制御が一体になった、機電一体が強みですから、モーター、ドライバー、ECUの連携をどうやって強めていくかが課題です。時には情報・電子VC、パワートレインVCと連携して、全体を強化していく必要もあります。この3つの具体的な取り組みを進めながら、さらに1年くらい時間をかけて、新しい領域へのチャレンジも続けていきます。

パワートレインVC プレジデント 尾﨑 和久
パワートレインVC プレジデント 尾﨑 和久
走行安全VC プレジデント 小木曽 聡
走行安全VC プレジデント 小木曽 聡

車体VC

西川 まず既存商品の競争力強化としては、昨年から各社のいいとこ取りをする「ベストミックス活動」を始め、効果が出てきています。さらに、3社の品質管理基準、現場管理手法の統一や工場間での人材交流を進め、工場オペレーションを強化していきます。次に供給体制の再構築としては、国内拠点の生産移管が進んできましたが、海外はまだ手付かずのため、今後しっかりと議論し最適な体制を構築したいと考えています。次世代商品の開発としては、情報・電子VCと連携した「おもてなしサービスWG」の開発活動や、アルミ、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)といった新素材の導入に挑戦します。そのため車体VC内に「開発委員会」を立ち上げ、3社で連携し開発するアイテムを14に絞り込み、効率的に開発を進めていきます。

また、これら会社の垣根を越えた仕事を先頭に立って進めていくことができるリーダーをしっかり育成していきたいと考えています。

伊原 おもてなし機能は、情報・電子VCとの連携でより具体的な形にしていくなど、グループ内の連携を強め、ぜひ提案力を強化してほしいと思います。

バーチャルカンパニープレジデント座談会