AISIN GROUP
AISIN VIEW

V-LAB

アイシングループの新たな技術開発拠点
「Vラボ」について紹介

Vラボ(V-LAB)とは

2017年7月31日に、刈谷本社地区に新たに開設した実験棟が「Vラボ(V-LAB)」だ。頭文字の「V」は、設計の正しさを検証するための「Verification(実証・立証)」、有効性・価値を検証するための「Validation(検証・確認)」、従来のV字開発の課題をシミュレーションを用いて解決する手法「V-model virtual reality(モデルベース開発)」、そして「Virtual Company(バーチャル・カンパニー)」の頭文字をとったものである。

「Vラボ」では、世界の車両や製品を徹底的にベンチマークするための最新の計測・解析機器や造形装置を導入。シミュレーションと各種実験を融合し、企画~設計~検証までを一連のものとして進めていく最新のモデルベース開発手法により、最適値をいち早く見つけ出し機能を作り込むことが可能となっている。また実車搭載状態での製品の検証や、温湿度環境を再現できる設備も備えている。さらに構内には「試走路」もあり、これまで藤岡試験場で行っていた走行試験の一部がこの場でスピーディに実施できるようになった。

「Vラボ」は、アイシングループにとって重点開発領域ワーキングの戦略特区となるものだ。将来を担う商品開発を実現するため、新たなアイデアを思いつけば、即座に試すことができるフレキシビリティさを持ちあわせている。先行開発のプロジェクトが立ち上がれば、グループ各社や部署ごとの垣根を超えて人材を集めて協業し、従来の部品単体での開発だけではなく、車両レベルでのより大きなシステム開発へと仕事のやり方を変えていくことを目指している。これによって、「ゼロエミッション」、「自動運転」、「コネクテッド」というアイシンの考える重点開発領域の新商品・新技術開発を加速していく。

Vラボ開発 紹介

Vラボ施設概要

名称
アイシン精機株式会社 Vラボ
竣工
2017年7月31日
(2017年8月から随時稼動開始)
所在地
愛知県刈谷市朝日町2丁目1番地
事業内容
グループ一丸となった新製品・新技術の開発